タネ蒔きと収穫

土を耕し、タネを蒔き、苗木を丁寧に育てて、
やがて収穫の時を迎える。
この順番に変化が訪れることはない。
タネ蒔きが先で収穫は後。
じつにシンプルかつ分かりやすい構造である
と思うのだが、これが理解できない人が世の中には多い。

どういうわけか彼らは、
タネを蒔かずに収穫ばかりしようとするのである。
私たちの社会における収穫とは
報酬(お金)を得ることだ。
1時間働けば1時間分の、
1ヶ月間働けば1ヵ月分の、報酬がもらえる。
と信じ込んでいる。

つまり彼らにとって仕事とは常に収穫なのである。
土を耕した日に収穫はできない。
タネを蒔いた日にも収穫はできない。
苗木を育てている間も収穫はゼロ。
しかしその労働なくして収穫はあり得ない。
当然の原理なのである。

コンビニで1時間働けば1時間分の時給がもらえる。
会社で1ヵ月働けば1ヵ月分の給料がもらえる。
なぜこのように収穫100%の労働が可能となるのか。
それは収穫の手前までを他の人がやっているからである。

自分でタネ蒔きしなくても収穫はできる。
ただしその果実は自分のものではない。
誰かが育てた果実の収穫を手伝っているだけ。
手伝った謝礼はもらえるだろうが
持ち主ほどの収入を得ることはできない。

頑張っているのに収入が増えない。
フリーランスになったけど全然稼げない。
そういう人たちに欠落しているのは
タネ蒔きのプロセスなのである。
時給仕事、月給仕事、下請け仕事。
なぜこれらが儲からないのかと言えば、
タネ蒔きのプロセスを他人任せにしているからである。

自ら土を耕し、自らタネを蒔き、
自ら苗木を育てて、収穫をする。
すると収穫したものは全て自分のものとなる。
劇的に収入が増える。
誰にでもできる簡単な報酬アップの手法なのだが、
なぜかこれをやりたがらない。
報酬ゼロの労働などバカらしいと
思い込んでいるからである。

結果、いつまで経っても
収穫のお手伝いという仕事に従事することになる。
収入は増えない。
増えるはずがない。
金の成る木は永遠に手に入らないのだ。
もし自分の収入を劇的に増やしたいのなら、
自分の人生を根底から変えたいのなら、
タネ蒔きをするしかない。

即ちそれは収入ゼロの仕事をするということ。
自分の商品をつくり、集客する方法を考え、
興味を持ってくれた人を丁寧にフォローしていく。
収穫し続けても収穫量は絶対に増えない。
収穫量はタネを蒔いた量に比例するのである。

 


尚、同日配信のメールマガジンでは、コラムと同じテーマで、より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」と、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。全て無料でご覧いただけます。

 

どうすれば企業は生き残っていけるのでしょうか。私は今後、中小企業の経営は二極化していくと予想しています。それは「人を雇い続ける経営」「人を雇わない経営」です。

*私自身の経験を元に相談に乗ります。
*相談は無料(もしくは食事代)です。

感想・著者への質問はこちらから