感じる才能

どういう職場で人は働きたくなるのか。
どのような商品を人は買いたくなるのか。
それを考え、求人原稿なり、
商品ページなりをつくり込んでいく。

写真やイラストも加え、時には動画も駆使して、
そのクオリティーを上げていく。
良い人がたくさん集まるように。
問い合わせが増えて商品がたくさん売れるように。

だが、そこまでやっても効果が出るとは限らない。
一生懸命つくっているにもかかわらず、
まったく人が集まらない。
まったく商品が売れない。
そんなことはザラである。

では効果が出る原稿と、効果が出ない原稿は、
何が違っているのだろうか。
その根底にあるもの。それは感じる力である。
こういう順番で話をすると相手はどう感じ、
どのように反応するのか。
それを感じ取る力。

求人広告に良いことばかりを並べてしまう人。
ターゲットを広げすぎてしまう人。
商品説明をやたら詳しく書きたがる人。
こういう人たちは残念ながら、
人を集めるという仕事に向いていない。
彼らに共通するのは頭で考え過ぎてしまうことである。

どういう会社で人は働きたいのか。
どういう人がこの商品を買いたくなるのか。
どうやったら商品の良さが伝わるのか。
それを頭で考えてしまう。
計算して答えを出そうとすると、
答えは必ずひとつの方向に向かう。

すなわち誰が見ても良い求人。
みんなが買いたくなる商品。
多くの人が得だと思う価値。
だがそんなものには人は集まらないのである。
なぜならそんな職場、そんな商品など、存在しないから。
つまり何も言っていないに等しいから。

人が集まるメッセージ。
そこに共通しているのは目的が明確なことである。
誰に向けたメッセージなのか。
どう感じてもらうためのメッセージなのか。
それが明確なのだ。

やるべきことはまず、たったひとりを思い浮かべること。
メッセージを届けたいターゲットの中のターゲット。
その人になり切る。
なりきった上でメッセージを読む。
私はそのメッセージに心引かれるだろうか。

なんか素敵な職場だなあ。
すごく興味をそそられる商品だなあ。
なり切った私自身がそう感じるかどうか。
ここにセンスの差が現れる。

多くの人は売る側、採る側の思考が抜け切らない。
結果、相手の感情に寄り添うことができず、
表面を取り繕ったメッセージが出来上がってしまう。
マーケットの反応を計算するのではなく、
私自身の心の動きに敏感であること。
それが感じる才能。

 


尚、同日配信のメールマガジンでは、コラムと同じテーマで、より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」と、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。全て無料でご覧いただけます。
※今すぐ続きを読みたい方は、メールアドレスコラムタイトルをお送りください。
宛先:info●brand-farmers.jp (●を@にご変更ください。)

 

どうすれば企業は生き残っていけるのでしょうか。私は今後、中小企業の経営は二極化していくと予想しています。それは「人を雇い続ける経営」「人を雇わない経営」です。

*私自身の経験を元に相談に乗ります。
*相談は無料(もしくは食事代)です。

感想・著者への質問はこちらから