お金になるか、ならないか

お金になるか、ならないか

好きなことや得意なことを仕事にしたい。
でもそれでは稼げない。
仕方がないから生活のために稼げる仕事をする。
つまりは、給料がもらえる仕事に就く。
そのように考えている人はとても多い。

だがそういう人の大半は、
好きなことを仕事にする努力すらしていない。
どうせ稼げない、世の中はそんなに甘くない。
そう決めつけているのである。
だがこのロジックは根本的に間違っている。
好きなことだから稼げないのではなく、
稼ぐ仕組みを作らないから稼げないのだ。

決められた仕事をして、決められた給料をもらう。
それは誰かが作った『稼ぐ仕組み』の中で、
決められた役割りを果たしているに過ぎない。
給料が約束されている仕事とは、
誰かが作った仕組みの一部分なのである。
嫌なことを我慢するから稼げるのではなく、
稼ぐ仕組みが出来上がっているから稼げる。
ただそれだけのことなのだ。

では稼ぐ仕組みはどうやったら作れるのか。
実はその答えは至ってシンプルである・・・

 

  – 『[安田佳生メールマガジン] 2015.6.17 お金になるか、ならないか より冒頭引用

メールマガジンのご案内<購読無料>

安田佳生コラムの全文は、メールマガジンを登録するとお読みいただけます。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン購読登録

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。