【GlobalPicks/vol.068】世界中の「ユニークな」ビジネスアイデア10個

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道



Small Business Trendsという、規模のビジネスに特化したサイトからUnique Business IdeasをPickしています。

今回の記事はこれ

<記事タイトル>
10 Unique Business Ideas from Around the World
世界中の「ユニークな」ビジネスアイデア10個
「10 Unique Business Ideas from Around the World – Small Business Trends」

10個のユニークビジネスは下記の通りです。

1.Rent-a-Cow Makes the Most of Livestock
2.Reboot Manages E-Waste in Rural India
3.Eternal Reefs Creates a Lasting Legacy for Departed Loved Ones
4.1928 Diagnostics Revolutionizes Healthcare Around the World
5.Mad in India Offers a Different Approach to Ecommerce
6.Pazesha Brings Financial Empowerment to Africa
7.Youper Offers an App to Overcome Social Anxiety
8.Mannequin Madness Provides Rental, Recycling – And Related Products
9.Speedlancer Connects Freelancers With Jobs At Lightning Speed
10.21 Buttons Changes the Way People Buy Fashion

前回、6と7を見たので、8以降を見ていきますね。

8. Mannequin Madness Provides Rental, Recycling – And Related Products
Mannequin Madness(マネキンマドネス社)がマネキンのレンタル、リサイクルを事業化

—原文
California-based Mannequin Madness has found a lucrative niche, selling and renting mannequins to businesses and retailers.

→カリフォルニアに拠点を置くマネキンマドネス社は、マネキンを事業者に販売したり、レンタルしたりする、という儲かるニッチマーケットを開拓した。

ファッションブランドとか、アパレルのお店とかって、結構廃業が多いので、マネキンが余ってしまうようです。そうしたマネキンを大量に買い取ってきて、経費削減したい新興ブランドにレンタルする(または中古販売する)ビジネスのようです。

ただ、日本にもマネキンのレンタル会社はあるようで、本ビジネスを日本向けにアレンジして儲かるニッチ事業にするのはちょっと大変そうなので、パスします(笑)

 

9.Speedlancer Connects Freelancers With Jobs At Lightning Speed
Speedlancer (スピードランサー)はフリーランサーと仕事を超高速でマッチングする

Recognizing the growing demand for freelancers in various niches who can turn around projects quickly,  Speedlancer provides on-demand freelancers who can deliver tasks in as little as 24 hours.

→プロジェクトを好転させることが来るフリーランサーに対するニーズが高まっている中、Speedlancer (スピードランサー)は、オンデマンドで24時間以内にフリーランサーのチームをマッチングします。

この会社は普通のフリーランスのマッチング会社とは違うようです
・500名のフリーランスを常時囲い込んでいる
・タスクに応じて、500名の中からアサインされる
フリーランスが複数人のチームとしてタスクに対応することが多い

よくある「タスク⇆個人」のマッチングではなく「タスク⇆Speedlancer」で契約して、Speedlancer側で適切な人材やチームをその時のリソースの空き状況に応じて瞬時に割り当てているようです。

これはオーストラリアの会社ですが、日本でも数年後にはフリーランス社会がさらに成長していくことは目に見えてます。ですから、1,000人くらいのフリーランスを囲い込んで置いて、「タスク⇆個人」のマッチングではなくて「タスク⇆フリーランス集団としての会社」請け負って瞬時にその時空いているフリーランサーにタスクを割り振れば、原理的には「24時間以内のマッチングではなく、1時間以内のマッチング(作業スタート)」も可能になるのではないでしょうか?

依頼後に1時間で作業スタートしてくれれば、超効率的なワークシェアリングが完成しますよね。

・夜の19時に振りして帰宅し、翌朝社後の朝9時に納品受け取り
・12時の昼休み前に振りして、15時に納品受け取りして、夕方ブラッシュアップ作業

みたいな世界観ですね。

さらに「副業として多くのビジネスマンが参加するコミュニティ」になれば、「本業で発注側として帰宅前にAという作業を振りして、帰宅後に副業としてBという作業を2時間だけ請け負う」みたいなワークスタイルのイメージですね。

1,000人のフリーランサーを囲い込めばビジネスになるでしょうし、10万人くらいがこのコミュニティに参加すれば、きっと社会が変わりますね。

ためしに10人のフリーランサー集団でLLC(合同会社)を登記して、サイト立ち上げて、広告投下して「1時間以内作業開始をコミット」と謳ってスタートアップしてみるといいかもしれません。超リスク限定的に始められますね。

 


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから