【GlobalPicks/vol.128】シリーズ コロナ後の世界(No.3)

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道


「シリーズ コロナ後の世界(No.3)」として、コンサルファーム繋がりで、McKinsey (マッキンゼー)のwebから「新型コロナが与えるビジネスへの影響」を紹介しています。

今回の記事はコレ↓

COVID-19: Implications for business
(COVID-19のビジネスへの影響)
[https://www.mckinsey.com/business-functions/risk/our-insights/covid-19-implications-for-business]

この中でいくつか興味深いコメントや、チャートがあるので、 これを数回に分けて紹介していきます。

今回取り上げる本文
Banks are using new techniques to find out who’s ‘swimming naked.’ And new MGI research looks at the cost of disruption in global supply chains.

銀行は新しい技術を使って「裸で泳いでいるのは誰か?(危ないのは誰か?)」を見分けるようになった。マッキンゼーのリサーチからは、グローバルサプライチェーンのdisruption(崩壊)の代償が見えてきた。

要するに、コロナ禍において、銀行が「どのセクターが倒産しそうと査定しているのか」という分析ですね。

ざっくりと平時(beforeコロナ)よりもどのくらい倒産確率(倒産倍率)が上がったのか、を表しているチャートが下記です。

黒系統のグラフが「大企業」
青系統のグラフが「中企業」
の倒産リスクです。

・明らかにPassenger transport(客運/交通/航空)の倒産リスクが高い
・次に「大企業」のHotelsの倒産リスクが高い
・「中企業」では、Nonfood retail(食以外の売り)と、Real estate(不動産)の倒産リスクが高い
・いずれにしてもここにている全てのセクターのマルチブル(倒産倍率)が軒並み4倍(4X)かそれ以上に跳ね上がっている

素直に考えると、「大手航空会社の破綻」と「大手ホテルチェーンの破綻」が早晩立て続けにニュースになって表してくる、ということでしょう。
(なお、私は、ある日系航空会社A社が公私ともに好きですので、自分に来ることをしようと思っています)

さて「いつか役に立つかも英単語」としてdisruptionを取り上げておきます。

Disruption(ディスラプション):崩壊/破壊

最近ではデジタル・ディスラプションという横文字がよく使われ、デジタル技術によって旧来の産業が新しいビジネスに生まれ変わる創造的破壊」のことを指しています。GAFAなどのデジタルの巨人たちの浸透によって、旧来型のコマースが駆逐されていく現象ですね。

そして、今回はCOVID19 disruption(コロナ・ディスラプション)が起きていて、このdisruptionの「ここまでの勝者」もまたGAFAやshopifyのようなデジタルプレイヤーのようです。
今回の記事にあるように、銀行としてもチャートにあったような「従来型のプレイヤー(かつての巨人たち)」が敗者になりそうだ、という予想をしているわけです。

そして、触れられていませんが「従来型の巨人プレイヤーの筆頭は銀行そのもの」ですから、このチャートに「Bank(銀行)」そのものが入ったら、どの程度の高いマルチプル(倒産倍率の上昇)となるのか?が興味深いですね。

なお、いうまでもなく、従来型のコンサルティングファームの巨人はMcKinsey (マッキンゼー)社であるというのも、これまた事実ですけどね(笑)

 


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

一緒に事業START

感想・著者への質問はこちらから