未来コンパス~知財が示す確かな未来~
第24回「任天堂の特許から見るゲームビジネスのミライとは?」

このコラムについて
世の中の情報は99%が「現在」または「過去」のものでしょう。たった1%の未来情報をつかめる人だけが、自分のキャリアやビジネスを輝かせるのです。でも、未来情報なんか手に入らないよ!と思ったアナタ。ご安心を。もしアナタが古い体質の会社に勤めているなら超ラッキー。そんな会社の経営者ならビジネスがハネるかも。

未来コンパスが、あなたの知らない未来を指し示します。

 24  任天堂の特許から見るゲームビジネスのミライとは?

テレワークが定着し、コロナ太りが気になる皆さん!
私も、ジムの頻度が減り、運動が不足しがちな今日この頃。ついつい健康のことは後回しになりがちです。
でも、これがあれば楽しみながら健康を手に入れることが出来ちゃいます!


特開2020-072800号(出願人:任天堂株式会社)

【発明の名称】情報処理システム、情報処理装置、情報処理プログラム、および、情報処理方法

【要約】(課題)健康に関する情報の測定および/または分析結果の確認を継続的に行わせる動機付けをユーザーに与える。


任天堂が考えたのは、ゲームと睡眠を掛け合わせて健康を維持させる発明です。

枕元に置かれた製品が、ユーザーの呼吸や脈拍、体動といった情報を取得し、元気度を導き出します。そのスコアが高ければ、ゲーム上のキャラクターが強くなったり、アイテムがグレードアップしたり、ストーリーが進展したりします。ゲームを有利に進めるために睡眠の質を改善するようになり、結果、健康になっていく仕組みです。

■未来コンパスが指すミライ

ゲームは多くのビジネスと相性が良いと思います。中でも「緊急じゃないけど重要」であって「おっくう」な要素があるビジネスに適用すると付加価値が大きくなりそうです。

歯ブラシ
サボってもすぐに病気にはなりませんが、早くからケアしたいもの。特に子供には習慣づけたいところです。「5回の歯磨きでレベルアップ」「磨き残しが無くなるとモンスターを倒せる」といった歯磨きゲームはどうでしょう。喜んで歯磨きをする子供が出てきそうです。
「何回言ったらわかるの!早く歯磨きしなさい!」と叱らなくなる日も来るかもしれません。

仕事に関する勉強
ゲームと勉強を掛け合わせた現行サービスは、ほとんどが学生向けか語学対策です。
それに対し、今や多くの仕事が勉強/研鑽を求められています。専門知識のアップデートが必要なのは、医者や弁護士といった仕事に限られません。
デキる人が身につけている勉強の習慣を誰もがゲームで手に入れることが出来る。社会のお困りごとを解決するサービスです。

このように「必要なのは分かるけど、つい先延ばしにしちゃう」といった領域にゲームの要素はフィットします。それを自社ビジネスで見つけられれば、まだないマーケットが出来上がります。アナタも、そんなミライの「小さなブルーオーシャン」を見つけてみませんか。

 


 この記事を書いた人  

八重田 貴司(やえだ たかし)

外資系企業/法務・知財管掌。弁理士。
会社での業務とは別に、中小・ベンチャー企業への知財サポートをライフワークとする。クライアント企業が気づいていない知的財産を最大化させ、上場時の株価を上げたり、高値で会社売却M&Aをしたりと言った”知財を使って会社を跳ねさせること”を目指す。
仕事としても個人としても新しいビジネスに興味があり、尖ったビジネスモデルを見聞きするのが好き。

面白いビジネスを見つけたら是非シェアしてください。フォロー・友達申請大歓迎です!
Twitter
https://twitter.com/takashi_yaeda
Facebook
https://www.facebook.com/takashi.yaeda

 

安田佳生とおこなう「スイッチミーティング」

「広告費を削減したい」「競争に巻き込まれない商品を手に入れたい」という経営者のみなさま。発想をスイッチして、「新しい商品」と「新しい顧客を」つくってみませんか?

感想・著者への質問はこちらから